子供の身長を伸ばすにはどのようにしたらいいの?


子供の身長が低くて何か対策をしなければと考えている方。
まだ小学生くらいであればこれから伸びてくる可能性は多いにありますので焦る必要はありませんが、中学生・高校生となってくると焦りというのも出てきますよね。

 

実際にも女性であれば中学生で身長が止まる、男性の場合は高校生で身長が止まるというような人が多くいますし、対策が遅れれば遅れるほどどうしようもないという状態にはなります。

 

では、どのように対策のしようがあるものになるのでしょうか?

 

 

 

 

身長を伸ばすためにとる栄養

 

身長を伸ばすためにとるべき栄養とは何になるのでしょうか。
一般的に思い浮かべるのがカルシウムです。

 

牛乳をしっかりと毎日飲んでいるという人もいるかと思います。
でも、カルシウムをとっていたのにも関わらずあまり身長が伸びなかったというような大人の人もたくさんいるのです。

 

なぜカルシウムをとっても、身長が伸びてくれないのか。
それはカルシウム=身長が伸びるではなく、あくまでカルシウムは骨をつくるもとの一つというものになるからです。

 

カルシウムをとれば骨は強くなりますが、強くなるだけではなく、伸ばすことが必要になってきます。骨自体を成長させるには実はカルシウムではなくてタンパク質であると言われています。

 

カルシウム不足もいけませんが、実はタンパク質不足にならないように、その点も考えていかなければいけないのです。

 

 

アルギニンは成長に重要な要素なのか?

 

身長を伸ばす栄養素ということで調べているとアルギニンという言葉を目にすることがあります。

 

アルギニンと聞くと新しい栄養素かな?と思うかもしれませんが、実はアルギニンはアミノ酸の一種です。アミノ酸はタンパク質の原材料になりますので、結果的にはタンパク質にたどりつきます。

 

このアルギニンは肉類等に多く含まれています。

 

アルギニンがあれば身長が伸びるかというところですが、これは議論があるところで、アルギニンが成長ホルモンを促進しているのは間違いありませんが、単独で多くとればいいという意見と、単独でとってもそれほど意味がなく全体バランスが必要というような意見があります。

 

この議論は答えがないものになりますし、私達としてはアルギニンをとることを意識しつつ他の栄養素の全体バランスをとっていくことも意識していくべきです。

 

 

結局総合的なバランスが求められる

 

結局のところ身長を伸ばしていくには特定の栄養素だけではなく、全体的なバランスをとるということを避けることはできません。

 

カルシウムだけではなく、タンパク質をとるということ。
また他にもマグネシウム・鉄分・ビタミン各種というような栄養を基準量とっていくことが必要です。

 

子供が順調に成長していくには、基準量を満たす栄養をとっていけば、本来の身長を伸ばす力を高めていくことができるのです。

 

 

栄養バランスをとるのが難しい場合

 

子供の栄養バランスをとるのは基本的には食事からということになります。ですが、なかなか子供のために完璧な栄養素の食事を作るというのは難しいという事情もあるかと思います。

 

味を追求しても栄養バランスがいいとは限りませんし、働いている方等忙しくて難しいというところはあるでしょう。

 

そんな方が子供の身長対策をしたいという場合はサプリメントを利用するという方法があります。
ここではいろいろなサプリメントが紹介されていますので一度チェックしてみてください。

 

こちらをチェック⇒身長サプリメント 高校生